サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 さ > 3路スイッチ

3路スイッチ

スポンサーリンク

1つの電灯を2箇所で点滅させる場合に使用するスイッチ。スイッチの形状は片切スイッチと同じだが、左右どちらのスイッチを倒してもオンまたはオフになる可能性があるため、片切スイッチのようにオンオフを示すマーキングは施されていない。

どちらの場所でも照明をオンオフしたい場合に用いるスイッチのため、「入口が2箇所ある部屋」、「手元スイッチでオンオフする階段照明」、「長い廊下の両端入口」などが代表的な使用場所である。このような場所では、片切スイッチではなく3路スイッチを2つ使用し、いずれかのスイッチを操作することで電灯への給電が切り離され、オンオフ可能な回路を構築すると良い。模式図を下記に示す。

3路スイッチの回路パターン

3路スイッチは2箇所でオンオフを行うために用いるスイッチであるが、3箇所以上でのオンオフには対応できない。このような場合は、4路スイッチを組み合わせることで実現可能である。「入口が3箇所以上」「3階以上の階段」「長い廊下で出入口が3箇所以上」など、スイッチが3箇所以上に渡って必要になるケースでは、3路スイッチだけで組むことができないため、4路スイッチを組み合わせることで対応する。

4路スイッチを用いる場合、回路の両端を3路スイッチとし、中間部分に4路スイッチを使用することで点滅場所を増やすことができる。4路スイッチはオンオフしたい箇所ごとに設けることが可能であり、4路スイッチの数だけ点滅場所を増やすことができる。

照明スイッチの種類や特徴、設計方法については電気スイッチ・照明スイッチの種類を参照。

執筆者:M.Kenichi

スポンサーリンク

カテゴリー

電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。
不定期更新にて、ニュース・トレンド・電気の雑学等を投稿。サイト運営の記録についても。